プロの調査はメリットが多い!雨漏り修理の際に役立つ雨漏り診断士

雪国に起こるすが漏れ~雨漏りのリスクヘッジは雨漏り調査~

頼もしい雨漏り診断士

住宅模型

雨漏り調査は、雨漏りをしている箇所も探さなければいけないので想像以上に作業が難航するケースもあります。そういった時にとても重要なのが、頼りになる雨漏り診断士の存在です。しっかりと適切な診断をしてもらいましょう。

雨漏り調査をしてもらった人の声

手始めに散水調査をしてもらいました。(40代/男性)

私が雨漏り箇所を探してもらうために利用した方法が散水調査です。雨漏り箇所の特定方法はいくつかありますが、その中でもこの方法は費用も抑えられるため、こちらでお願いしました。結果的に、非常に素早く雨漏り箇所の原因を特定することができ、それによって適切な雨漏りを止めるための修理もしてもらうことができたので大変助かりました。

確実に雨漏りを見つけてほしかったので、赤外線による調査を希望しました。(30代/女性)

雨漏りの原因となっている場所の特定はなかなか難しいものだということを事前に聞いていたので、確実に雨漏りの原因箇所を特定して対策をしてもらいたいと思い、赤外線を利用した調査を業者の方にお願いしました。赤外線を利用した調査は温度差を利用することで雨漏りの発生源を特定するというもので、確実に雨漏り箇所を発見してもらえました。

発光液による調査で雨漏りの原因が分かりました。(30代/男性)

私が業者の方に雨漏り箇所を発見してもらうためにお願いした方法が、発光液を利用したものです。特殊な塗料を混ぜた液を流すことによって、雨水の侵入口を特定することができてしまうんです。雨漏り箇所が複数考えられていたので、しっかりと雨漏り箇所を発見することができて一安心でした。これで雨漏りの処置もしっかりと行ってもらいましたよ。

初めてならまずは目視調査

雨漏り調査はいくつかの種類がありますが、最も基本的なのが業者の方が屋根の上や屋根裏を目などで確認しながらチェックする目視調査です。雨シミのある箇所やカビの発生源などを見ながら、雨水がどこから侵入しているのかチェックしてもらえます。  

TOPボタン
雨漏り調査のメリット|雪国で起こるすが漏れ【雨漏り診断士による雨漏り調査で住宅を守る】