雨漏り調査が必要になる「すが漏れ」になる流れ

雪国に起こるすが漏れ~雨漏りのリスクヘッジは雨漏り調査~

雪国の雨漏り原因ナンバー1!すが漏れの恐怖

水滴

雪国で雨漏りが起こりやすい原因として挙げられるのが「すが漏れ」です。このすが漏れについて詳しくご紹介します。

雨漏りに繋がる流れ

雪が積もる

まず、雪が降る場所では気温がとても低い状態によって屋根の上に雪が積もるところから始まります。家の中は暖房などによって暖められた状態ですが、家の外はとても寒いです。屋根に積もった雪は、家の中の温かさによって徐々に溶けていくため、溶けた水は少しずつ水になっていき、屋根の傾きなどをつたって流れていきます。

つららが出来る

屋根に積もった雪が水になると流れていきますが、その溶けた水が屋根先などの冷たい部分にくると、水の一部分が凍ります。そして、そこを流れた水の一部分が凍って…というように、流れていく水が少しずつ凍っていきますが、これが長時間にわたって繰り返されることによってできるのがつららです。このつららは、長い時間繰り返すことでどんどん大きくなっていきます。

すが漏れ発生

つららができると、そのあとに溶けて流れてくる水は、つららによって水の流れを遮られてしまいます。すると、次々に溶けて流れてくる水が下へと流れていくことができずに、屋根に留まった状態でいることしかできません。その状態が続くことで水が屋根の中に徐々に染みてしまうのですが、この状況を「すが漏れ」と呼んでいます。

内部の状態は判断が難しい

雪の降る地域では、つららができるというのはよく見られる現象ではあります。しかし、ただのつららだと思っていたら気づかないうちに、内部で「すが漏れ」が進行しているというケースも存在しています。すが漏れが進行して、最悪のケースとして雨漏りに発展してしまうかもしれません。雨漏りが起きれば生活に大きな影響を与えるので非常に大変です。

雨漏り調査の進められ方

雨漏りの心配がある場合は雨漏り調査を行ってもらい、状態に応じた対処法をとってもらうようにしましょう。  

TOPボタン
すが漏れのリスク|雪国で起こるすが漏れ【雨漏り診断士による雨漏り調査で住宅を守る】